その他治療 | 愛知県名古屋市東区栄、皮膚科・内科・外科・消化器内科は荒川医院へ

その他治療

  • うおのめ
  • いぼ

まきづめ

巻き爪でお悩みではないでしょうか。当所は「切らない矯正法」を採用しています。
まきづめ

巻き爪とは字の如く「巻いている爪」つまり横方向に湾曲している爪の状態を指します。

足の親指以外にも発症しますし巻き方が強度な場合、軽度な場合、痛みの有る場合、無い場合など様々です。
痛みから解放されたいが為に爪の食い込んだ部分を深く切り込んでしまい、しばらくの間は痛みもなくなりますが、爪が伸びるにつれて食い込みはますます強くなり、
また切る。その繰り返しにより悪循環を引き起こすケースが大半です。巻き爪の相談はお気軽にお問合せ下さい。


当院では巻き爪の状態や患者様の希望に応じて様々な治療を行っております。治療の選び方や爪の切り方など無料の生活指導。炎症が強い場合や爪の痣の合併時には抗生剤や抗真生剤投与などの併用療法。炎症の少ない巻き爪ではテーピングや爪下への線球の挿入などの保存療法、形状記憶合金ワイヤーを用いた切らない矯正法、湾曲が高度であったり、炎症が高度であったりする場合には速やかに痛みを取るための手術方法を患者様とよく相談して選択します。

うおの目

魚の目の一番の治療法は皮膚科で専門医に診てもらうことです。

当院では患者様が痛みを伴わない治療を一番に心がけております。サリチル絆創膏を貼って角質痕がふやけて白く柔らかい上体にしてからピンセットでなるべく痛みがない様に切除します。しかし根が深い場合や感染が合併して場合レーザーで除去したり、手術をします。

スピール膏を貼り、角質層がふやけて白く柔らかい状態にしてから、削り取る方法もあります。
うおの目は再発しやすい疾患であり、原因は多岐にわたります。当院では魚の目治療だけでなく靴の選び方などの予防対策についても指導しております。

イボ(ウイルス性融解)

当院では最新のレーザー治療を行っております
イボ(ウイルス系融解)

パポバウイルスが原因で発症する疾患です。ウイルスに対する負傷のない子供さんによく発症します。

通常は凍結療法やヨクイニンの内服療法が行われますが、凍結治療は痛みを伴い何回が追加が必要であり特に小さな子供さんでは治療に難航する事もあります。

当院では比較的痛みを伴わないイボ凍解治療や心療治療も組み合わせて治療を行っています。


PAGE TOP